Sn-232

今日、電子工業の発達はめざましく、品質的に非常に高い精度のものが要求されています。その中で、ハンダ付け性、延展性、密着性に優れたすずめっきの果たす役割は大きく、各種の技術開発が行なわれています。
これまでのすずめっき浴には、酸性浴とアルカリ浴があり、中でも硫酸浴が比較的性能が良く、光沢剤も数多く市販されています。しかし多量の界面活性剤を使用しているため、作業中あるいは排水処理時の発泡性に問題があります。また浴が強酸性であることから、アルカリ浴と同様、特殊ガラスを主成分とするセラミックスなどに対して侵食性があり、これらを複合した電子部品などにめっきする場合の障害となっています。これらの問題を解決するため、ディップソールは、中性浴 Sn-232 を開発に成功しました。

用途中性すずめっき
特徴●セラミックス複合部品などの素材をいためない、中性めっき浴です。
●エージング処理で変色の少ないめっきが得られます。
使い方pH 4.2~5.5
温度 15~25℃
電流密度 0.02~0.2A/d㎡

商品名 法規情報 荷姿
Sn-232S    18kg 液体
Sn-232S1   18kg 液体

関連法規に関する記号

劇物(毒物及び劇物取締法)  労働安全衛生法  りん含有製品  チッ素含有製品  (危) 危険物(消防法)