Ni-1600B

1980年代より始まった電子部品のチップ化とその製造技術は、超小型化、最軽量化へと飛躍的な発展を続けています。
セラミックスを主体とするコンデンサ-、抵抗器やフェライトを主体とするインダクタ-、フィルタ-、インバ-タ類の電極は内部電極(Ag-Pd)、中間電極(Ni)、外部電極から構成されています。

用途ニッケルめっき光沢剤
特徴●皮膜はまろやかな柱状析出で、ピットの少ない落ち着いた光沢があります。
●内部応力を減少させて、チップの2ケ付きをなくします。
●光沢剤は一液性のため、浴の管理が簡単です。
●ランニングコストが安くつきます。
使い方硫酸ニッケル 300~380g/L
塩化ニッケル 35~55g/L
ホウ酸 35~45g/L
Ni-1600B 5~10mL/L
pH 4.2~5.2
温度 40~60℃
電流密度 0.05~0.2A/dm2

商品名 法規情報 荷姿
Ni-1600B   18kg 液体

関連法規に関する記号

劇物(毒物及び劇物取締法)  労働安全衛生法  りん含有製品  チッ素含有製品  (危) 危険物(消防法)