企業情報

市原工場

ディップソール 市原工場 南東外観市原工場は1973年東京都葛飾区から、生産増への対応と製造環境の整備のため、現在の千葉県市原市に移転し、ディップソールとユーザーを結ぶ心臓部ともいうべき製造拠点となりました。当工場は京葉工業地帯のほぼ中央部に位置し、緑に恵まれた環境の中にあります。

当工場の業務は当社研究所で開発された技術を製品化する事で、品質の安定した製品を確実にお客様に供給する事が当工場の使命であると考えております。 より高品質な製品を合理的に生産するため、工場全体は9つの機能別工場に分けており、例えば、めっき用剤に微量でも混入すると悪影響のあるものは、完全に隔離された工場で生産するよう工場が分割されています。
当工場はお客様に安定した品質の製品を確実に供給することに、全社員が一丸となって取り組んでいます。

ディップソール 市原工場 2階また、年々、深刻化する地球規模での環境問題、刻々と変化する社会情勢、顧客及び関係機関の環境問題に対する要求の中で、社員の省資源・省エネルギー意識や環境意識も高まり、そのような中で、当社がISO 14001規格に適合した環境マネジメントシステムを構築し、維持することは当社の責務として妥当であり、地球環境保全の一助となり、ひいては社員、地域社会、顧客、取引先等に対しても相互の信頼感を醸成して行くことが可能である考えております。

更に安全管理の面では、工場のモットーは「限りなき挑戦!無災害記録の更新」です。毎年、工場の基本方針に「安全」を掲げ「安全管理」に真剣に取り組んでおり、その成果として1976年より無災害記録を達成し、「安全管理優良事業所表彰」「無災害記録銀賞」などを授与され、現在も尚、記録を更新中です。